小学校受験をするときの流れ

小学校の受験では幼稚園前からの幼児教育が必要になりますので、小学校受験がしたいのであれば2歳くらいから幼児教育をきちんとしなくてはなりません。幼児教育では英会話そして音楽やリトミックといったものがあり、幼稚園に入れば本格的な習い事スクールに通うようになります。これらの教育は小学校受験には重要なことになりますので、まだ小さな幼児のうちから色々なことを学ばせるようにすることが大事であるといえます。幼稚園になれば小学校受験の対策をするようになり、習い事はもちろんですが家でのしつけや礼儀作法といったことも学ぶようになります。他にも受験の際には面接というのがありますので、面接では親そして子どもが受け答えできるように面接の練習もしておかなくてはなりません。また受験のときに着ていくスーツや持ち物の用意もするようになります。

小学校受験でする試験や面接

まるで就職のようなことをするのが小学校受験であり、この受験では簡単なテストや面接などをするようになり合格ということになります。この受験でのテストには足し算や引き算などの数字のテストや、ひらがなやカタカナを書く文字のテストなどがありますし中には英語のテストがある学校もあります。他にも体操のテストがあることもあるのだそうで、基本的なマット運動や跳び箱などがどのくらいできるかという判断をされます。そして小学校受験では他にも集団行動やリーダーシップなどを見るテストもあり、グループに分けて工作を作らせて共同作業ができるかリーダーとして行動できるかを見られます。このテストが終わると今度は親子面接というのがありますので、親子面接では家庭でのことや親の仕事のことそして子供の質疑応答というのがあるのだそうです。

小学校受験対策をする

今は小学校受験をする子供が増加をしています。エスカレーター式の学校のほうが後になって大変なことにならずに、自由にのびのびと学校生活を行うことができる、ということがあります。しかし競争をすることがなくなってしまうと、社会人になってから大変になってしまう、ということもあります。また小学校受験をするということは、幼稚園の頃から受験勉強をしなければいけないということがあります。それもまた子供には負担になってしまいます。専門の塾があるので、通うことを考えることもあるでしょう。どこの小学校に入学をしたいと考えているのか、ということによっても選ぶ塾を選択しなければいけないということがあります。それもまた大変です。塾に入ることも大変という可能性があるので幼いころから家族全員で頑張っていく必要も出てきてしまいます。

学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 小学校受験の合格実績がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*